忍者ブログ
中古マンション、賃貸マンションを検討している方 へのお得な情報や基礎知識を提供しています。 契約する前にチェックしておいた方が良いポイントを 中心に後悔しない物件選びのコツがわかります。


 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




新築戸建の購入のコツについて,建築工事のスケジュールを工程表で把握する。



◎土台部分・柱や梁のチェックについて。工程表に記載されている内容にそって作業内容をチェックする必要がある。柱や梁のチェックについては,以下の点に注意しておくと良い。 ・設計図と比較して柱や梁のサイズや本数をチェックする。 ・ひび割れや大きなキズ,曲がりがないかどうかをチェックする。 ・合水計(含水メーター) を購入して柱や梁の水分量を図る,合水計はホームセンターで購入可能である。また建築していく期間(約3カ月程度)では,これらの建築材料は乾燥しない点も覚えておいて,業者にだまされないようにしたい。

新築中のマンションを仕様変更したい場合には?




新築戸建の購入のコツ:展示場の活用術。



◎モデルハウスの広さにだまされない。一般的に,モデルハウスは魅力的な建物が多い,住宅メーカーが購入してもらうために,資金を投入するために,外観はもちろんのこと内部も最新の設備がめじろ押しとなっている。モデルハウスでの最新設備に触れているうちに,その住戸の購入の欲求が高まってくる場合が多い。その広さと,自分が購入して建築する予定の土地の広さを比べてみてほしい。もし,自分が予定する広さが30~50坪(実際に,それくらいの広さであることが多い。あるが)である場合,モデルルームにある設備の一部が実現できないという点を認識しておきたい。 ・隣地住宅と開放部で重ならないようにいないといけない。まずは,広さをチェックしてみるのが大切である。
PR



新築戸建の購入のコツ,最近流行りの住まいについて。



◎IT住宅について。最近は,以下のような機能を搭載した住戸が当然となってきている。 ・テレビ電話を搭載し,各居室から電話することができるだけでなく,玄関の応対も可能になっている。 ・外出先から,パソコンや家電の操作を行うことができる。

マンション住み替えのヒント、買い取り保証制度を利用するメリットは? & 東南の物件なら毎日ポカポカ




新築戸建の購入のポイント:契約書について。



◎契約時のポイントについて。契約書を交わさないと,購入者側が不利になることが多いので,購入後のトラブルに対応するためにも,確実に契約書を作成しておきたい。ここでは,契約時のポイントについて考えてみたい。契約の基本的な項目には以下がある,これ以外にも重要事項説明書という契約時に引き渡される書類があり,こちらにも十分と目を通しておきたい。 ・引き渡し期日。 ・所在地・ ・工事面積や土地面積。 ・アフターサービスの内容。 ・特記事項。



新築戸建の購入のポイント:戸建住宅のメンテナンスについて。



◎建築物件のメンテナンス期間の目安について。建物のメンテナンスは小まめに行うことが大切であるが,その建物の立地環境によっても,別途考慮しないといけないものも多い。・屋根:4~5年毎に点検をする。張替えは10~15年をめど。・雨樋:3年毎に点検,7~8年をめど。・外壁:3年ごとに点検,10年をめどに塗り替え。・建具:2~3年ごとに点検,20年をめどに交換また,基本的に随時点検が必要なものは,以下がある。・ガス給湯器:10年をめどに交換。・ガス菅:15年をめどに交換。

マンションのモデルルームのチェックポイント:主婦の動線チェックが重要 & 天井高と階高を確認する




新築戸建の購入のポイントについて,仕様書と物件を見比べるのが大切。



◎正確な仕様書で住宅のランクが分かる。そして最後には,仕様書通りの設備や装備,グレードであるか,という点を確かめるのが大切である。今回は,仕様書の見方を中心に考えてみたい。そしてその仕様書には,設備や装備の製品名やグレードが記載されているので,仕様書を見れば,その物件のグレードや性能が分かることになっている。これらの情報をメモしておいて,メーカーの展示場に訪問した際に,実物をチェックするという方法も大切である。更に,展示場にてカタログを取り寄せて調べることもできる。



新築戸建の購入のコツについて,建築工事のスケジュールを工程表で把握する。



◎基礎部分のチェックについて。工程表に記載されている内容にそって作業内容をチェックする必要がある。今回は基礎部分のチェック方法について考えてみたい。 ・基礎部分の下に割栗石が施行されているか。 ・基礎部分のコンクリートにひび割れや欠陥が無いか。もしコンクリートにひび割れがあった場合には,基礎部分の重大な欠陥となるので,最初から基礎の作り直しを指示する必要があるので,覚えておきたい。

マンション・アパート:鉄筋ならば60年、木造ならば30~40年が寿命




◎西向きの土地について。

西向きの土地での家を考えてみたい。

そして,南と南東側にリビングと居室は配置される。同様に,東向きの土地の場合には,西向きの土地を左右反転させた形で設計すればよい。◎北向きを狙う。北向きの土地は,南向きの土地と比べてあまり人気が無い。北向きの土地は暗いが,トップライト等の工夫をすることで採光を確保することが可能である。



◎高断熱・高気密住宅について。

今回は,高断熱・高気密住宅について考えてみたい。

省エネ住宅が話題になると,セットで高断熱・高気密住宅の話も付いてくることが多い。省エネ住宅としては,高断熱,高気密であることが必須の条件となりつつある。高断熱,高気密である上に,計画換気が施され冷暖房を行う住居が省エネ住宅としては好ましい。今までは,内断熱が主流であったが,最近では断熱性のよさから,外断熱の人気が出てきている。この工法は,今までは施工できる業者が少なかったために比較的高価な工法であったが,最近では一般的となっている。外断熱の場合には,より高気密となるために,隙間をなくし温かい空気(冬場)や冷たい空気(夏場)を逃さないのが特徴となる。しかし,この高気密には注意点がある。空気の滞留が十分に行われない場合があることである。換気が一定以上行われれず,酸欠になったり,ハウスダスト,シックハウスの問題が出たりする場合もあるので,計画換気を考慮した住宅設計であることが大切と言える。

新築戸建の購入のコツについて,購入予定の物件をしっかりとチェックする方法について。

実際に物件を訪問して,更に入れる所にはどこにでも入ってチェックを行う,という意気込みが大切である。

ここでは,床下のチェックについて考えてみたい。特に木造住宅では,床下から小屋裏(天井裏) まで,建築後でも入ってチェックすることができる。例えば,床下に入る場合,キッチンにある床下収納庫から入る方式が一般的である。

墓地の隣のマンションは人気が無いが、穴場物件である!




◎本当の情報は身近なところに。

住宅を購入する予定者にとって,情報は命である。

手っ取り早く情報を収集するには,見学会やインターネットというのがあるが,これらの情報は自ら情報の真偽を判断しなくてはいけない。それは,やはり実際に住んでいる人の意見を吸い取ることである,しかも,住宅メーカーが選別した人からの意見ではなく,購入者自らが選んだ人の意見を聞くべきである。基本的には個人情報は聞くことができないので,営業マンに仲介してもらう形になるが,そのような形でコンタクトして,本当の情報を聞いてみるのが良い。

新築戸建の購入のコツ:展示場の活用術。



◎モデルハウスの標準仕様とオプション仕様にだまされない。一般的に,モデルハウスは魅力的な建物が多い,住宅メーカーが購入してもらうために,資金を投入するために,外観はもちろんのこと内部も最新の設備がめじろ押しとなっている。モデルハウスでの最新設備に触れているうちに,その住戸の購入の欲求が高まってくる場合が多い。大きなギャップの一つとしては,モデルハウスで実装されている標準仕様とオプション仕様の内容である。更に最新の設備を備え付けている。 ・玄関のテラコッタにオプションを使用。そのような最新のオプション仕様を目の前にして,冷静に自分の購入予定の住宅と対比してみてほしい。そのためにも,モデルハウスで【どれが標準仕様か?】【どれがオプション仕様か?】という点を冷静に確認していく必要がある。

マンションのモデルルームのチェックポイント:主婦の動線チェックが重要 & 天井高と階高を確認する




◎大家さんに注目して掘り出し物を見つける。

賃貸物件の掘り出し物は何か?人にて異なるが,一番の要素は家賃の安さである。

やはり,物件は自分の収入の3割をベースに検討するので,家賃価格というのは,重要な決定要素となるのは当然である。では,そのような安い家賃の【掘り出し物】の物件を提供できる大家さんはどのような人なのか?まず,考えられるのは資産家の大家さんである場合が多い。そのような大家さんが提供する物件を狙うというのも作戦として,面白い訳である。不動産屋に,その物件の持ち主の素性を確認してみるのは,面白いかもしれない。

新築戸建の購入のポイントについて:建て売り住宅は基礎が肝心。



◎基礎工事前もしくは工事途中の状態の場合。新築戸建,中古マンション,など住宅の形態にかかわらず,基礎部分は住宅の要と言える。頻繁に現地を訪問するなどして,建築途中に基礎部分のチェックは小まめにしておきたい。墓礎伏図と呼ばれる図面をコピーしてもらい,現場の状況と図面と実際を見比べることで,手抜き工事を防ぐようにしたい。 ・鉄筋の太さがあっているか。最後の鉄筋であるが,割栗石が敷き詰めてあるかをチェックするための道具である。

マンション住み替えのコツについて、見学者は売主の態度も見ている




新築戸建の購入のポイント,仕上げ時の不具合発見について。



◎建築中に欠陥と思われる箇所を発見したら。もし,建築中に欠陥と思う箇所を発見したときには,まずは契約をしている売主に連絡するのが基本。もし現地に下見にいった際に,不具合を発見しても,直接職人に指摘をする,というのは行ってはいけない。購入する側は素人なので,つい確認の意味をこめて直接職人に指摘をしてしそうであるが,その場は直接写真を撮るなどで収めるのが賢明である。後に担当の営業マンに連絡するための,情報を収集することに専念した方が良い。もし不具合を発見したときでも,一度,購入者側が冷静になる期間を持つという意味でも,後日,担当の営業マンに連絡して,詳細を確認する方法をおススメする。

マンションの住み替え:同じ会社に売却と購入を頼むと、引越しの際の融通が利くなどメリットも




特に南向きの土地は人気が高く,その分土地の価格も割高であることが多い。

土地の場合の南向きとは,敷地が道路に接する方向が南という意味である。

つまりは,あまり思うとおりに日当たりのよい家にならないということである。南向きの土地の場合【北側斜線制限】というのがある。敷地が南向きの場合は,この規制を受けやすくので注意しておきたい。

TVアンテナ・電話回線は部屋ごとがいい。


BS放送、CS放送、インターネットが当たり前の時代、購入するマンシヨンや家も、情報化時代に対応していた方がよい。そのため将来の生活を見越した設計が重要、特に電話回線の差し込み口のチェックをしておきたい。現段階では差し込み口は各家庭に一つというマンションが少なくないが、これでは各部屋で利用できない。テレビアンテナの差し込みも同じ、テレビは複数台利用すること、BSやCSデジタルのもつ多様な機能を利用すること、を前提に間取りや差し込み口を確認しておいた方がよい。これを考慮しないと、家中を配線コードが走ることになる。見た目も悪ければ、壁を這わせることで壁を傷つけることにもなり、できるだけ避けたい。最悪、売却時の価格を下げることにもなりかねない。

理想は、電話とテレビの差し込み口は各部屋にある形。注文住宅の場合なら、設計段階で要件に入れるのがよい。またマンションなら差し込み口の多いものを選ぶようにしたい。

【広島 デザイナーズマンション】 広島県の市区町村で探すデザイナーズマンションで一人暮らし特集(1頁):BIGLOBE Kirei Style 女性のための賃貸検索


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



登記簿上の面積のチェックは忘れずに。


マンションを購入において「広さが50平方メートル以上」というのは重要な数値となる。50平方メートル以上ならば住宅金融公庫の融資が受けられる。更に住宅ローン控除や親からの資金贈与などに対して税金の特例が受けられるので、50平方メートルを少し超えたマンションを購入する人も少なくない。しかし、販売会社で提示されている面積と、税務署がはじき出す登記簿上の面積では若干の差が出るのでちゃんと50平方メートル以上になるように確認しておきたい。


まず、販売会社や公庫では、壁の厚さの中心から面積を計算する(壁芯面積) 。一方、登記簿は壁の表面から面積を計算する(内法面積) である。販売会社では51平方メートルといわれたのに、登記簿上では49平方メートルだったなんて泣くに泣けない。公庫の融資は受けられるが、税金の特例が受けられず、かなりの損となってしまう。50平方メートルギリギリの物件を購入する場合のみ注意することではあるが、登記簿上の面積もしっかりと確認することが大切。


新築マンションで「管理会社は変更できない」と契約書に記載されているマンションはNG

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

マンション購入の注意店、引き渡された物件はまず細かくチェック。

待ちに待ったマンションが完成して、物件の引き渡しが完了すると、鍵を受け取ることになる。購入者がホットひと安心する瞬間とも言える。

しかし、引き渡しが終わっても、安心せずに、引き渡された物件について、何か問題が無いか、十分にチェックをして欲しい。ポイントとしては、契約の段階で約束したことが実行されているかどうか、という点。

基本的には、どんな些細なことであろうと気になる点はすべて業者に申し出ておくことが大切。しっかりとした安心の業者であれば、万全な対応をしてくれる、必要なら無料で補修をする。引渡しの直後だけではなくて、住み始めた後でも、問題点が発見されたら、その都度きちんと申し出るのがよい。時期によっては、こちらも無料で補償してくれる場合がある。

中古マンション購入前に、不動産会社を通して住人をチェックしておく

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



売り急いでいる物件なら安い。



たまに出てくる相場より価格が安い中古マンション。いくつかの理由により、物件に問題がないのに相場よりも200~500万円ほど安く出回ることがある。ローンの支払いが困難になって銀行主導で任意売却された場合、転勤、離婚、相続などが理由で売り急いでいる場合など。こうした物件は当然価格の安さで人気が高いので、このような物件を優先的に紹介して欲しいときには、仲介業者の営業マンと良いつながりをもつことが重要。

【購入 一戸建て】 茨城の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入



この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
prev  home
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
中古不動産おう
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

P R

忍者ブログ [PR]