忍者ブログ
中古マンション、賃貸マンションを検討している方 へのお得な情報や基礎知識を提供しています。 契約する前にチェックしておいた方が良いポイントを 中心に後悔しない物件選びのコツがわかります。


 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


マンションのレイアウト:家族の広場をつくる。

マンションの間取りとして玄関を入ってすぐ、廊下をはさんで子供部屋が二つという物件が多い。親としても生活しやすく、子供にとっては独立性が確保できるというメリットがあることは確か。

しかし、この間取りは家族の紳という点で問題がある。子どもは、家族の広場となるべきリビングに足を踏み入れることなく自室に入れる。つまり、親と顔を会わせることが少なくなるので、子供が夜中に帰って来ても出かけてもわからないことも起こりえる。家族の紳を育てるためにも、家族が頻繁に足を踏み入れ、コミュニケーションの機会を多くもてるような間取りを選ぶことが大切。

新築マンション、公庫融資つきの人気物件をゲットする別の方法

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)




本当の情報はパンフレットの後半にある

総戸数が20戸以上等のある程度の規模があるマンションや一戸建てでは、分譲時にパンフレットを作ることが多い。

パンフレットの内容は、大きく2つある。一つは、アピールするための情報、もうひとつはその物件の詳細情報である。パンフレットの「アピールするための情報」としては、カラー写真をメインに使い、住宅の造りや設備、立地のよさをまとめている。そして、住宅地やマンションのイメージ説明から、間取りや構造、設備の特徴へと進んでいくのが一般的。ここで注意するポイントは、パンフレットの最初の数ページに書かれている抽象的なことだ。「緑に抱かれた邸宅的暮らし」や「都市の最前線に住まう賀沢」という内容である。実はそこにキーワードが隠されている。

周辺に自然が残っていることや住宅の造りのよさばかりをアピールする場合には、交通の便は悪いのでは、と解釈する。また、駅への近さや商業地域への近さが並べられていたら、住戸の広さや造りは期待できないと解釈する。多少天邪鬼になって読んでみるのがよい。

「物件の詳細情報」としては、パンフレットの最後に載っているのが「概要」や「設備」「仕様」が相当する。基本的に写真はなく、細かい字でぎっしり書き込まれたデータが1、2ページで記載されている。こちらは、不動産のプロでもじっくり読むところ、これさえ見れば、住宅のいい点も悪い点もすべてわかるからだ。

概要部分には現地の住所から交通手段、面積、間取り、駐車場の数などが客観的に記され、設備と仕様を見れば、住宅の造りがわかる。例えば、マンションにて、最初のほうに「駐車場は全戸分を確保(敷地内外)」と書かれていた場合、データの駐車場の項目を見ることで、マンションの駐車場の数をしることができる。「敷地内○台、敷地外契約駐車場○台」と書かれていたりすると、敷地の外にある月極駐車場を何台押さえているのかがわかる。

【岡山 新築一戸建て】 岡山の物件:中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
PR
prev  home  next
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
中古不動産おう
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

P R

忍者ブログ [PR]